重症心身型(重心型、重身型)放課後等デイサービスの開業(指定)/運用

重症心身型(重心型、重身型)放課後等デイサービスの開業(指定)/運用

重症心身型(重心型、重身型)放課後等デイサービス、児童発達支援とは?

重症心身型

放課後等デイサービス、児童発達支援には、「重症心身型」と「重症心身外」の2つの分け方があり、ここでは「重症心身型」の指定基準について説明していきます。

 

現在比率が圧倒的に多いのは「重症心身外」で、「重症心身型」の事業所数は多くありません。

利用児が「重症心身型」を利用する際には、受給者証のサービス種別を「重症心身型」にしておく必要があります。

運営法人は、医療機関系列や訪問看護ステーション系列、社会福祉法人が比較的多いのが特徴です。

 

指定時の要件

1 法人格があること

2 事業所の物件、間取りが適法であること

3 人的要件を満たしていること

4 その他

 

定 員

最低定員5名

 

人員配置基準

   職  種 配置数  常勤要件   備 考
管理者  1人以上  なし 送迎可能、指導員と運転手の3つを兼務する場合は誓約書必要(大阪市)
児童発達支援管理責任者  1人以上  あり(専任)  送迎不可
嘱託医 1人以上 なし  

 

看護師 1人以上 なし 営業時間帯を通じて1人以上配置
児童指導員または保育士 1人以上 なし 営業時間帯を通じて1人以上配置

 

放課後等デイサービス、児童発達支援などの設備基準

設 備    要 件 備 品
指導訓練室 利用者一人当たりの面積が2.47㎡であること。

大阪府は独自要件として3、0㎡以上必要。

相談室 プライバシーに配慮できる空間にすること
静養室 必須ではない。(大阪府の指定については必要)
洗面所・トイレ トイレ手洗いと洗面所の兼用は不可 アルコール消毒液、ペーパータオル
事務室 鍵付き書庫

 

内装や用具など

重症心身外の内装に加え、医療的ケアの器具の設置しないと対応できないケースもあります。

障がい児用バギーを揃えている事業所も見受けられます。

また、送迎車両は、リフト付きの車両を使用している事業所も多いといえます。

 

対応エリア

下記エリアの対応になります。

大阪府

大阪市豊中市、池田市、箕面市、能勢町、豊能町、高槻市、吹田市、茨木市、摂津市、島本町、和泉市、泉大津市、高石市、忠岡町、岸和田市、貝塚市、泉佐野市、泉南市、阪南市、熊取町、田尻町、岬町、枚方市、寝屋川市、大東市、四條畷市、守口市、門真市、交野市、東大阪市、八尾市、柏原市、富田林市、河内長野市、松原市、羽曳野市、藤井寺市、大阪狭山市、太子町、河南町、千早赤坂村、(堺市を除く)

 


お気軽にお問い合わせください