就労継続支援A型とは

就労継続支援A型とは

一般企業などに就労することが困難な障がいのある65歳未満の利用者に対して、雇用契約を締結して、生産活動の機会の提供、知識および能力の向上のために必要な訓練などを行います。
一般就労に必要な知識や能力が高まった方は、最終的には就労移行支援や一般就労を目指します。

就労とは?

事業所で利用者が行う仕事を用意する必要があります。
「自社の仕事を行ってもらう」や「別会社から仕事をもらう」ことが必要になります。

指定時に売上を客観的に示した、「事業計画書」の提出が必要な行政もあります。
また、雇用契約を締結しますので、利用者に対して、最低賃金を守る必要と労働法などの適用が求められます。

就労継続支援A型のメリット

  • 既存の事業を行っている場合は、利用者に仕事をしてもらうことで、人件費のダウンサイジングが可能であり、利用者も継続的な仕事を見込めるので離職率が低くなる。
  • 利用者が比較的集まりやすい。
  • 雇用関連の助成金を使うことも可能。
  • 最低定員は10名。(B型よりも面積の比較的小さい物件で始めることが可能)
  • B型に比べ利用者を集めやすい。

就労継続支援A型の対象者

企業等に就労することが困難な者であって、雇用契約に基づき、継続的に就労することが可能な65歳未満の者(利用開始時65歳未満の者)。具体的には次のような例が挙げられます。

(1) 就労移行支援事業を利用したが、企業等の雇用に結びつかなかった者

(2) 特別支援学校を卒業して就職活動を行ったが、企業等の雇用に結びつかなかった者

(3) 企業等を離職した者等就労経験のある者で、現に雇用関係がない者

就労継続支援B型との違い

  雇用の有無 賃金 最低定員 定款目的
就労継続支援A型 雇用(労働法規の適用) 最低賃金保証 10名 専ら社会福祉事業
であることが必要
就労継続支援B型 非雇用 工賃(法令上は
月額3000円以上)
20名 上記制約はなし

お気軽にお問い合わせください